マニュアルに特化している翻訳サービスを利用する

隣国との関連性が強まる

地球儀

翻訳といえば、世界の言語でもある英語を中心としたものが多くなっていますが、韓国語も人気になっています。韓国の翻訳がメジャーになったのは、数年前の韓流ブームやKPOPなどの影響が多くなっています。しかしビジネスシーンでも利用される面が多くなっています。日本の家電製品などのメーカの勢いは近隣のアジア諸国の勢いに押され、低迷しています。かつては製造業といえば日本のイメージでしたが、現在ではアジア各国の方が優勢になっています。そして安く性能の高い製品が日本に輸出されるようになり、日本に進出してきています。韓国もその国の一つです。そして契約書などのビジネス文書の翻訳の活躍の場が多くなってきているのです。

韓国語の特徴は、日本語とは全く異なったハングル文字を利用している事です。そのため韓国語の翻訳は、一からその国の勉強をする必要があります。日本国内では、英語への翻訳を目指す人が多くなっているため、まだメジャーではないのです。しかし需要は増している事もあり、今後需要はさらに多くなる見込みでもあります。映画なども多く輸入されている事を鑑みると韓国語を学ぶ機会は増えており、親しみやすい国の一つでもあります。世界的にみると韓国語を使用する人の数は少ない部類に入るため、世界的需要は少ないのですが、日本の隣の国である事からも、韓国との関係は今後も深まることが想定されています。そのため翻訳業を目指すのであれば、韓国語もできるようになっていると有利なのです。