マニュアルに特化している翻訳サービスを利用する

企業の海外進出

勉強

海外進出のポイント

海外進出を検討する日本企業が増えています。海外に市場を広げることによって、収益機会を増やすことが可能となるからです。海外に進出して成功を収めるためには、言語の壁を超える必要があります。当然のことながら、海外では日本語を使用することができません。現地の言葉を使ってコミュニケーションをする必要があります。営業や打ち合わせをする際に言葉が通じなければ、ビジネスを行うことはできないのです。そんなときに頼りになるのが、マニュアルを現地の言葉に翻訳してくれるサービスです。マニュアルを翻訳してくれるサービスを利用することによって、日本で培った技術をそのまま現地に持っていくことが可能となります。言葉が通じるようになれば、スムーズなビジネスが実現できます。

サービスの選び方

翻訳サービスは多数ありますので、自社のニーズに適したものを選択する必要があります。たとえば、工場機能を海外に移転する場合には、工場スタッフの仕事をマニュアル化し翻訳することが求められます。また、マニュアルには専門用語が多く使われているため、業界に精通しているサービスを選択しなければなりません。ですから、翻訳サービスがどの業界に強いのかを確認しなければなりません。自社業界の専門用語を理解している翻訳サービスを選択しましょう。では、どうすれば翻訳サービスが扱っている業界を知ることができるのでしょうか。まずは、翻訳サービスのホームページが参考にしながら、翻訳サービスに関する情報を集めるようにしてください。

言葉の壁を超えるツール

ノートとペン

翻訳サービスには機械が自動翻訳する無料のものと、翻訳家が携わる有料のサービスがあり、いずれも辞書通りではなく、意味が通るように訳してくれます。翻訳業者に依頼する際には、翻訳業者の得意分野などを配慮して、業者選択を行って下さい。

もっと知ろう

おすすめ関連サイト集

  • 香港BS

    香港の通訳なら、こちら。地域独特のイントネーション言葉でも難なく通訳してくれるので、現地人と意思疎通がしやすいです。

隣国との関連性が強まる

地球儀

韓国の翻訳の需要が増加しているのは韓流ブームやKPOPの影響だけではありません。ビジネスシーンにおいても韓国の企業が日本進出を行っている経緯もあり、契約書などの翻訳が必要になっているのです。今後も需要は増加傾向にあります。

もっと知ろう

業者に言葉の訳を依頼する

複数の人

翻訳は訳す言語や納期によって料金が変わってくるため、翻訳に必要な料金を把握して、必要に応じて使い分けると良いです。専門用語の多い仕事での翻訳を依頼するときには、料金が高くても品質の高い訳をしてもらいましょう。

もっと知ろう